本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
141件~150件(全443件)

春の動物園まつり

春の動物園まつり
上野・御徒町
博物館・美術館

上野動物園パンダ公開を記念して、4月28日~5月10日に開催された「春のパンダまつり」です。平成23年(2011)4月1日、「リーリー」と「シンシン」が公開されてから19日目には来場者数は40万人を突破しました。パンダの公開は震災後の日本明るい話題となって、ファンもますます広がりをみせています。

詳しく見る

不動板碑

不動板碑
浅草南部
史跡・墓碑 神社・仏閣

板碑は石造の塔婆で、板石塔婆ともいいます。鎌倉時代から室町時代にかけて、追善供養などの目的で造られました。龍宝寺にある板碑は高さ155.8cm、上端の幅39cm、下端の幅44.5cm、厚さ約5cmです。中央に不動明王の種子(仏体を表した梵字)を刻むため、「不動板碑」と呼ばれ、区内現存の板碑を代表するもののひとつです。

詳しく見る

雷門

雷門
浅草中央部
神社・仏閣 建築物

雷門は、平安時代天慶5年(942)に平公雅によって駒形付近に創建され、鎌倉時代以降に現在地への移築に併せて伽藍守護のために風神・雷神が祀られました。江戸時代元治2年(1865)の大火で消失したものの昭和35年(1960)に松下幸之助の寄進により再建されました。高さ3.9mの提灯や「金龍山」額が懸かっています。

詳しく見る

上野東照宮大祭

上野東照宮大祭
上野・御徒町
神社・仏閣

戦国武将、江戸幕府の初代征夷大将軍・徳川家康は元和2年(1616)4月17日に74歳で没しました。忌日の4月17日に「上野東照宮大祭」が行われます。東照宮の拝殿で、管弦が奏でられるなか、徳川家の代表が供物を供えた江戸時代の行事がそのまま再現されます。

詳しく見る

浅草寺六角堂

浅草寺六角堂
浅草中央部
史跡・墓碑 神社・仏閣 建築物

浅草寺六角堂は、本堂の北西側にある影向堂の境域に室町時代の建立とされた単層六角造りで瓦葺の建物です。都内最古の木造建造物で都特定有形文化財に指定されています。本尊は日限(ひぎり)地蔵尊で、日数を決めて祈願すれば願いが叶うとされています。

詳しく見る

旧躋寿館跡 浅草医学館跡

旧躋寿館跡 浅草医学館跡
浅草南部
史跡・墓碑

江戸幕府唯一の医学専門学校の医学館が清洲橋通り沿いにありました。明和2年(1765)、幕府奥医師多紀元孝が医師(漢方医)の教育のため、神田佐久間町に建てた私塾躋寿館から出発、寛政3年(1791)に、幕府が医師養成の重要性を認めて官立とし、医学館と改称、規模を拡大しました。大火に遭い焼失し、移転、再建されました。

詳しく見る

浅草文化観光センター

浅草文化観光センター
浅草中央部
建築物

浅草文化観光センターは、浅草雷門前にある観光案内所です。地下1階地上8階の建物に、案内カウンター、外貨両替所、観光情報コーナー、旅行団体支援スペース、喫茶室、展望テラスが設置してあります。

詳しく見る

太皷館

太皷館
浅草中央部
博物館・美術館

太皷館では世界各国から収集された太鼓とその参考資料を永久保存し、広く一般に公開されています。収蔵品は900点にものぼり、いずれもが歴史・文化・民俗学的観点からも貴重であるばかりでなく資料的価値では世界一級のものばかりです。

詳しく見る

蔵前工業跡碑

蔵前工業跡碑
浅草南部
史跡・墓碑

この碑は東京工業大学の同窓会である蔵前工業会が設置したもので榊神社に建立されています。碑文には「工業教育発祥の地」と書かれています。この地には明治14年(1881)に創立の「東京職工学校」(後の「東京工業大学」)がありましたが、関東大震災により施設の大半を焼失したため目黒に移転しました。

詳しく見る

かわとはきものギャラリー

かわとはきものギャラリー
浅草中央部
博物館・美術館

かわとはきものギャラリーには、世界各国の歴史的なはきものや各種参考靴、工具などが展示されています。足形測定機により自身の足の甲回りを採寸することができたり、シマウマや象など変わった皮に触れることもできます。

詳しく見る

141件~150件(全443件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング