本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
1件~10件(全45件)

矢先稲荷神社例大祭

矢先稲荷神社例大祭
浅草南部
神社・仏閣

松葉町(現:松が谷の一部)を氏子とする矢先稲荷神社の例大祭。
本祭りは隔年開催ですが、御本社神輿は毎年担がれ、宮入道中では大勢の鳶頭による木遣が披露されます。

詳しく見る

藏前神社

藏前神社
浅草南部
神社・仏閣

勧進相撲発祥の地のひとつ。
蔵前神社の御神輿は昭和の名工・志布景彩の作。その華麗さから、御神輿として初めて意匠登録されました。

詳しく見る

藏前神社例大祭

藏前神社例大祭
浅草南部
神社・仏閣

華麗な御本社神輿の渡御は2年に1度行われます。
数十年途絶えていた御本社神輿渡御を、平成になってから地元の方々が復活させました。氏子地域こそ大きくないものの、地域に愛されているお祭りです。

詳しく見る

隅田川花火大会

隅田川花火大会
浅草中央部 浅草南部 浅草北部
下町の生活

江戸時代の水神祭での花火に由来して、昭和53年(1974)「隅田川花火大会」として復活しました。桜橋下流と駒形橋下流の2ヶ所から2万発もの花火が打ち上げられ、例年90万人に近い人出があり盛況なイベントとなっています。

詳しく見る

茅の輪くぐり

茅の輪くぐり
浅草南部
神社・仏閣 下町の生活

鳥越神社の茅の輪くぐりは、鳥越神社で行われる催しで、平安朝時代から伝わる日本の伝統行事です。人形の形の半紙に名前と歳を書いて、知らず知らずについた罪汚れをその形代に託し、神社へ納めます。その後、神社の参道のガマの穂でできた境内にかかる茅の輪をくぐると、災厄からのがれることができ、福徳があるといわれています。

詳しく見る

鳥越祭

鳥越祭
浅草南部
神社・仏閣

鳥越祭は、鳥越神社の例大祭として毎年6月の中頃に行われます。
千貫神輿といわれる御本社神輿が、氏子各町が引き継ぎながら渡御します。
夜祭りになると、提灯をつけた御本社神輿は、各町の高張提灯に囲まれ宮入りします。その荘厳かつ幻想的な様は、人々の心をふるわせます。

詳しく見る

三社祭

三社祭
浅草中央部 浅草南部 浅草北部
神社・仏閣

毎年5月に威勢のいいかけ声と共に神輿が担がれて初夏を告げる三社祭は、鎌倉時代(1312)に三社の神話に基づき行われた「船祭」が起源と伝えられます。
金曜日の大行列から始まり、土曜日の各町神輿連合渡御と続きます。最終日の御本社神輿三基の「宮出し」の迫力は圧巻。宮出しの後、東部・西部・南部方面の氏子各町へ向けて、御本社神輿が担ぎ出されます。

平成24年(2012)斎行700年を迎え、復縁日である3月には「船渡御」が浅草全域と隅田川で再現・斎行されました。

詳しく見る

浅草名所七福神 福禄寿(矢先稲荷神社)

浅草名所七福神 福禄寿(矢先稲荷神社)
浅草南部
神社・仏閣

人望福徳、長寿や家内安全の神様が祀られている矢先稲荷神社は、寛永19年(1642)に建立された三十三間堂で通し矢が盛んに行われた矢場の先にあたっていたことから、「矢先稲荷」と名付けられました。祀られている福禄寿像は長寿の象徴の鶴をはべらせ、白髪白髯、調和のとれた円満な福相をもつ最高理想の姿をあらわしています。

詳しく見る

葛飾北斎墓

葛飾北斎墓
浅草南部
史跡・墓碑 神社・仏閣

江戸時代の浮世絵師で「富岳三十六景」「北斎漫画」などの代表作で知られる葛飾北斎の墓と胸像が誓教寺(せいきょうじ)境内にあります。墓標には「画狂老人卍墓」(「卍」は北斎の雅号の一つ)とあり、辞世の句が刻まれています。毎年4月には「北斎忌」が開かれ、法要が営まれます。

詳しく見る

おもちゃ・工具材料の卸問屋街

おもちゃ・工具材料の卸問屋街
浅草南部
下町の生活

神田川にかかる浅草橋から、春日通り交差点までの江戸通りの両端には数多くの卸問屋が並んでいます。ここは、主に、おもちゃや工具材料などの卸問屋街として、発展を遂げてきました。現在では、ビーズ、装飾品、手芸などのお店も加わって個性豊かな特色のある卸問屋街となっており、多くの店では小売もしてくれます。

詳しく見る

1件~10件(全45件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング