本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
51件~60件(全444件)

鳥越祭

鳥越祭
浅草南部
神社・仏閣

鳥越祭は、鳥越神社の例大祭として毎年6月の中頃に行われます。
千貫神輿といわれる御本社神輿が、氏子各町が引き継ぎながら渡御します。
夜祭りになると、提灯をつけた御本社神輿は、各町の高張提灯に囲まれ宮入りします。その荘厳かつ幻想的な様は、人々の心をふるわせます。

詳しく見る

五條天神社例大祭

五條天神社例大祭
上野・御徒町
神社・仏閣

五條天神大祭は三年に一度、5月25日に行われる大祭のことです。本祭の年は、大神輿の渡御があり、千貫神輿と呼ばれる一千貫もある神社神輿が町内を廻ります。氏子内(上野公園から上野広小路一帯) を鳳輦と共に、天狗や巫女舞などの大行列となって巡幸します。町の行く先々でお囃子や神子舞が繰り広げれます。

詳しく見る

宝の舞

宝の舞
浅草中央部

宝の舞は、宝船を多勢の幼稚園児が漁師の衣装に身をつつみ引きます。この宝船は、福徳をあらわす七福神を乗せた船として古来人気がありました。浅草寺ご本尊の観音様は、浜成、竹成という兄弟の漁師によって示現されました。その故事にちなみ、この観音様の福徳をたたえるとともに、子供の健やかな成長を祈って行われます。

詳しく見る

泣き相撲

泣き相撲
浅草中央部
神社・仏閣

泣き相撲は、昭和61年(1986)に始まり、浅草寺本堂裏にある九代目市川團十郎の歌舞伎十八番「暫」像の復元五周年を記念し、鎌倉源五郎のように力強く健康に育って欲しいという親の願いを込めて、まわし姿の組ませ役に抱かれた赤ちゃんが土俵の上で泣き声を競います。

詳しく見る

一葉桜まつり

一葉桜まつり
浅草北部

お祭りは、浅草観音裏小松橋通りで江戸開府四百年にあたる平成15年から始まりました。地元の人による児童・園児によるパレードで始まり、特設ステージでのショーや「和太鼓」の演奏などが行われます。お祭りの目玉は花魁が練り歩く「おいらん道中」で華やかな歴史絵巻を演出しています。

詳しく見る

草鹿

草鹿
浅草中央部

草鹿は、隅田公園で行われる浅草流鏑馬に先立って、隅田公園築山で古来射術の練習として行われた、シカの形をした布製の的を射る行事です。浅草流鏑馬は、江戸時代には、浅草神社の正月神事として毎年1月5日の神前において開催されていましたが、現在は台東区主催の祭事として開催されています。

詳しく見る

下谷神社

下谷神社
上野・御徒町
神社・仏閣

下谷神社は、奈良時代天平2年(730)、行基により下谷に神仏習合神社として正法院(現西巣鴨)と共に創建されました。大年神と日本武尊を祀っています。本殿の天井絵「龍」は横山大観筆として有名です。寛政10年(1798)に初代三笑亭可楽の寄席が境内で初めて開かれたため「寄席発祥の地」の石碑があります。

詳しく見る

旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園
上野・御徒町
建築物

明治11年(1878)に三菱財閥初代の岩崎弥太郎が牧野弼成から邸地を購入しました。現存する洋館、大広間は三菱財閥3代の岩崎久弥によって建てられ、明治29年(1896)に竣工したものです。庭園は近代庭園の初期の形を残しています。煉瓦塀を含めた敷地全体が重要文化財に指定されています。

詳しく見る

駒形堂

駒形堂
浅草中央部
史跡・墓碑 神社・仏閣 建築物

駒形堂は、浅草寺のご本尊である観音像が、隅田川から引き上げられた地に建立されたお堂です。馬頭観音が祀られていることから「駒形」の地名の由緒ともなっています。現在の堂は平成15年(2003)に再建されたものです。ご本尊顕現の地のため、お堂周辺の十町余りの川筋は魚介殺生禁断となり、戒殺碑が建立されました。

詳しく見る

浅草名所七福神 寿老人(鷲神社)

浅草名所七福神 寿老人(鷲神社)
根岸・入谷・金杉 浅草中央部
神社・仏閣

延命長寿、諸病平癒、人々の安全と健康を守る神様が祀られている鷲神社は江戸下町を代表する神社で、開運、商売繁昌、家運隆昌、子育て、出世の神徳が深いとされ、「おとりさま」と称されて古くから江戸下町の民衆に篤く尊信されてきました。鷲神社に祀られている寿老人像は白髪長頭で長寿の福徳を記した巻物をつけた杖を持つ姿です。

詳しく見る

51件~60件(全444件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング