本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
11件~20件(全445件)

藏前神社例大祭

藏前神社例大祭
浅草南部
神社・仏閣

華麗な御本社神輿の渡御は2年に1度行われます。
数十年途絶えていた御本社神輿渡御を、平成になってから地元の方々が復活させました。氏子地域こそ大きくないものの、地域に愛されているお祭りです。

詳しく見る

渋沢栄一墓

渋沢栄一墓
谷中
史跡・墓碑 神社・仏閣

渋沢栄一は、幕末から大正初期に活躍した大実業家で、近代日本の資本主義の父といわれています。大蔵省退職後は第一国立銀行や東京ガス、帝国ホテルなど、500以上の企業の設立・経営に関わり財界に君臨しました。経済界引退後は教育家としても活躍し、商法講習所(一橋大学)などの設立に参画しました。お墓は谷中霊園にあります。

詳しく見る

隅田公園桜まつり

隅田公園桜まつり
浅草中央部 浅草北部
自然・花

隅田公園桜祭りは、約640本の桜並木が開花する時期に開催されています。夜になるとライトアップした夜桜を眺めることができるほか、隅田川両岸や屋形船から風情ある花見が楽しめます。

詳しく見る

菊供養会

菊供養会
浅草中央部
神社・仏閣

本堂で行われる菊供養会は、信者たちが菊の花を供えて加持祈祷を受けた菊と交換し賑わいます。この日授与される「菊のお守り」は延命長寿のご利益があるとされています。

詳しく見る

合羽橋道具街

合羽橋道具街
上野・御徒町 根岸・入谷・金杉 浅草中央部 浅草南部
下町の生活

合羽橋道具街は、明治末期から古道具を取扱う店が集まり、戦後、料理飲食店器具や菓子道具商店街へと発展しました。一流ホテルから主婦に至る様々な人々の要望を満たし、楽しく買い物ができ、平成15年(2003)に道具街の生誕90周年を記念して、シンボル像「かっぱ河太郎」が建立されました。

詳しく見る

三社祭

三社祭
浅草中央部 浅草南部 浅草北部
神社・仏閣

毎年5月に威勢のいいかけ声と共に神輿が担がれて初夏を告げる三社祭は、鎌倉時代(1312)に三社の神話に基づき行われた「船祭」が起源と伝えられます。
金曜日の大行列から始まり、土曜日の各町神輿連合渡御と続きます。最終日の御本社神輿三基の「宮出し」の迫力は圧巻。宮出しの後、東部・西部・南部方面の氏子各町へ向けて、御本社神輿が担ぎ出されます。

平成24年(2012)斎行700年を迎え、復縁日である3月には「船渡御」が浅草全域と隅田川で再現・斎行されました。

詳しく見る

下谷神社例大祭

下谷神社例大祭
上野・御徒町
神社・仏閣

下谷神社の下谷神社大祭は下町で一番早い夏祭りとされており、千年以上の歴史を持ち、本社神輿の渡御がある「本祭り」と町会神輿の渡御だけの「陰祭り」が隔年に執り行われています。下町のため露天商の数も多く、期間中は130軒余が出展し祭りを盛り上げています。

詳しく見る

上野恩賜公園のツツジ

上野恩賜公園のツツジ
上野・御徒町
自然・花

昭和35年(1959)2月、浩宮徳仁皇太子親王が誕生され、それを記念して「上野観光連盟」が清水堂下につつじ1万株を植えたことを発祥としています。現在のつつじ植栽記念水呑場になっています。

詳しく見る

浅草観音示現会

浅草観音示現会
浅草中央部
神社・仏閣

「示現」とは神仏が人々を救うため、様々な姿でこの世に現れることをいいます。浅草寺の本尊である聖観世音菩薩がご示現された浅草寺草創の聖日(推古天皇36年(628)3月18日)を祝うのが「浅草観音示現会」です。毎年この日には「本尊示現会」という法要を行い、当日に限り祈祷札は「紅札」と呼ばれる赤いお札が授与されます。

詳しく見る

うえの桜まつり

うえの桜まつり
上野・御徒町
自然・花

上野公園のさくらまつりは花見の名所として有名な上野恩賜公園で行われます。桜祭りの期間中は、花見スペースが設けられ、花見客の場所取りシートが敷詰められます。夜桜も許可され、園内に飾った約1100本のぼんぼりにライトアップされた美しい夜桜を楽しむこともできます。徹夜の場所取りは毎年マスコミにも取り上げられます。

詳しく見る

11件~20件(全445件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング