本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
11件~20件(全443件)

藏前神社

藏前神社
浅草南部
神社・仏閣

勧進相撲発祥の地のひとつ。
蔵前神社の御神輿は昭和の名工・志布景彩の作。その華麗さから、御神輿として初めて意匠登録されました。

詳しく見る

渋沢栄一墓

渋沢栄一墓
谷中
史跡・墓碑 神社・仏閣

渋沢栄一は、幕末から大正初期に活躍した大実業家で、近代日本の資本主義の父といわれています。大蔵省退職後は第一国立銀行や東京ガス、帝国ホテルなど、500以上の企業の設立・経営に関わり財界に君臨しました。経済界引退後は教育家としても活躍し、商法講習所(一橋大学)などの設立に参画しました。お墓は谷中霊園にあります。

詳しく見る

蛇骨湯

蛇骨湯
浅草中央部
下町の生活

蛇骨湯は、古生代に埋もれた木の葉などの成分が地下水に溶け込んでいる冷鉱泉で、黒褐色透明、微塩無臭の「黒湯」と呼ばれる、江戸期から続く都内屈指の歴史ある温泉で、サウナも併設されています。平成21年(2009)にリニューアルオープンしました。
※令和元年5月31日を以て閉業しました

詳しく見る

参拾坪の秘密基地(閉業)

参拾坪の秘密基地(閉業)
浅草中央部
博物館・美術館

※この施設は2019年1月20日をもちまして閉館しました。
参拾坪の秘密基地は、平成23年(2011)に開館した資料館です。ロック座、古本屋、銭湯など昭和ノスタルジックな世界を再現したジオラマがフロアの半分を占めています。昔懐かしの絵葉書やマッチ箱を展示し、浅草を訪れる人々に楽しんでもらうことを目的としています。その大半は名誉館長である三遊亭あほまろ氏のコレクションです。

詳しく見る

谷中菊まつり

谷中菊まつり
谷中
自然・花 神社・仏閣

大円寺で行われる谷中菊まつりは、江戸時代から明治にかけて続いていた団子坂の菊人形を、昭和59(1984)年に「菊まつり」として復活させたものです。菊人形展示、産地直送菊小鉢の販売、菊いなり、菊なます、菊酒、おでんなど菊づくし販売、縁日屋台、菊ゆうパック発送などが行なわれるお祭りです。

詳しく見る

酉の市

酉の市
根岸・入谷・金杉 浅草北部
神社・仏閣

鷲神社の酉の市は、「おとりさま」の愛称で知られる鷲神社で、毎年11月の酉の日に境内で熊手を売る店が立ち並ぶ市です。ここで売られる熊手御守は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。この酉の市は、樋口一葉の代表作「たけくらべ」の中にも登場します。
2018年開催は11月1日・13日・25日

詳しく見る

うえの桜まつり

うえの桜まつり
上野・御徒町
自然・花

上野公園のさくらまつりは花見の名所として有名な上野恩賜公園で行われます。桜祭りの期間中は、花見スペースが設けられ、花見客の場所取りシートが敷詰められます。夜桜も許可され、園内に飾った約1100本のぼんぼりにライトアップされた美しい夜桜を楽しむこともできます。徹夜の場所取りは毎年マスコミにも取り上げられます。

詳しく見る

下谷神社例大祭

下谷神社例大祭
上野・御徒町
神社・仏閣

下谷神社の下谷神社大祭は下町で一番早い夏祭りとされており、千年以上の歴史を持ち、本社神輿の渡御がある「本祭り」と町会神輿の渡御だけの「陰祭り」が隔年に執り行われています。下町のため露天商の数も多く、期間中は130軒余が出展し祭りを盛り上げています。

詳しく見る

菊供養会

菊供養会
浅草中央部
神社・仏閣

本堂で行われる菊供養会は、信者たちが菊の花を供えて加持祈祷を受けた菊と交換し賑わいます。この日授与される「菊のお守り」は延命長寿のご利益があるとされています。

詳しく見る

圓朝まつり

圓朝まつり
谷中
神社・仏閣

圓朝忌という名前で、初代三遊亭円朝の命日の8月11日に全生庵にて法要をしめやかに行っていましたが、平成14年(2000)以降、若手理事が中心となり企画替えし、「圓朝まつり」と名前を変えたファン感謝祭的お祭です。法要、扇子供養のお焚き上げ、奉納落語会に加えて、境内では芸人が趣向をこらし飲食店などを出店します。

詳しく見る

11件~20件(全443件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング