本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
11件~20件(全446件)

藏前神社例大祭

藏前神社例大祭
浅草南部
神社・仏閣

華麗な御本社神輿の渡御は2年に1度行われます。
数十年途絶えていた御本社神輿渡御を、平成になってから地元の方々が復活させました。氏子地域こそ大きくないものの、地域に愛されているお祭りです。

詳しく見る

うえの桜まつり

うえの桜まつり
上野・御徒町
自然・花

上野公園のさくらまつりは花見の名所として有名な上野恩賜公園で行われます。桜祭りの期間中は、花見スペースが設けられ、花見客の場所取りシートが敷詰められます。夜桜も許可され、園内に飾った約1100本のぼんぼりにライトアップされた美しい夜桜を楽しむこともできます。徹夜の場所取りは毎年マスコミにも取り上げられます。

詳しく見る

隅田公園桜まつり

隅田公園桜まつり
浅草中央部 浅草北部
自然・花

隅田公園桜祭りは、約640本の桜並木が開花する時期に開催されています。夜になるとライトアップした夜桜を眺めることができるほか、隅田川両岸や屋形船から風情ある花見が楽しめます。

詳しく見る

江戸流しびな

江戸流しびな
浅草中央部

流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、川や海に流して祓い浄め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事で、平安時代中期が起原といわれています。浅草では「江戸流しびな振興会」が主催し、昭和61年(1986)から毎春の訪れを告げる隅田川の風物行事となっています。
※毎年3月3日前後に開催
詳しくは江戸流し雛振興会へお問い合わせください。

詳しく見る

酉の市

酉の市
根岸・入谷・金杉 浅草北部
神社・仏閣

鷲神社の酉の市は、「おとりさま」の愛称で知られる鷲神社で、毎年11月の酉の日に境内で熊手を売る店が立ち並ぶ市です。ここで売られる熊手御守は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。この酉の市は、樋口一葉の代表作「たけくらべ」の中にも登場します。
2018年開催は11月1日・13日・25日

詳しく見る

へちま供養

へちま供養
谷中
神社・仏閣

浄名院(じょうみょういん)で毎年15夜の日(旧暦8月15日)に行われる供養です。境内には、「八万四千体地蔵」といわれるたくさんの地蔵が並んでおり、このうちの「へちま地蔵」に加持祈祷すれば咳、喘息に効用があるといわれています。へちま供養の日は早朝より夕方までお札を求める全国からの参拝者で溢れ、賑わっています。

詳しく見る

浅草流鏑馬

浅草流鏑馬
浅草中央部

浅草流鏑馬は、江戸時代に正月行事として浅草神社で行われていましたが、近年は、行列と隅田公園特設馬場で行われます。馬に乗って弓で的を射る姿は勇壮で、当時の錦絵を見るようです。また、射術の練習として草を束ねた鹿形を的にした草鹿も行われます。

詳しく見る

隅田公園のサクラ

隅田公園のサクラ
浅草中央部
自然・花

隅田公園のサクラは、吾妻橋から桜橋までほぼ1kmを遡る隅田川の両堤沿いに帯状に広がっています。隅田公園には、約640本の桜があり、江戸時代から桜の名所で、日本さくら名所百選に選定されています。八代将軍徳川吉宗が、庶民も花見が行えるようにと開放した由緒ある桜として知られています。

詳しく見る

清水観音堂の人形供養

清水観音堂の人形供養
上野・御徒町
神社・仏閣

例年9月25日に執り行われる人形供養大法要のことです。子授け、安産などを「子育て観音さま」に祈願した人々が心願成就のお礼に「子供の身代わり」として奉納される人形の供養がはじまりといわれます。奉納された人形や家庭で飾って汚れたり、子供と遊んで壊れた人形を秋の彼岸の終わりに集めて読経のうえ荼毘に付します。

詳しく見る

谷中菊まつり

谷中菊まつり
谷中
自然・花 神社・仏閣

大円寺で行われる谷中菊まつりは、江戸時代から明治にかけて続いていた団子坂の菊人形を、昭和59(1984)年に「菊まつり」として復活させたものです。菊人形展示、産地直送菊小鉢の販売、菊いなり、菊なます、菊酒、おでんなど菊づくし販売、縁日屋台、菊ゆうパック発送などが行なわれるお祭りです。

詳しく見る

11件~20件(全446件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング