本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
21件~30件(全446件)

浅草観音示現会

浅草観音示現会
浅草中央部
神社・仏閣

「示現」とは神仏が人々を救うため、様々な姿でこの世に現れることをいいます。浅草寺の本尊である聖観世音菩薩がご示現された浅草寺草創の聖日(推古天皇36年(628)3月18日)を祝うのが「浅草観音示現会」です。毎年この日には「本尊示現会」という法要を行い、当日に限り祈祷札は「紅札」と呼ばれる赤いお札が授与されます。

詳しく見る

飛不動

飛不動
根岸・入谷・金杉
神社・仏閣

正寶院(しょうぼういん)は享禄3年(1530)の創建といわれ、「飛不動」の通称で知られています。古くから病魔や災難を「飛ばして」くれると人々に信仰されていたと伝えられていますが、近年では航空安全の守護神として有名になり、空の安全や飛行道中安泰を祈願する参拝客が多く訪れます。

詳しく見る

金杉通り

金杉通り
根岸・入谷・金杉
下町の生活

金杉通りは昭和初年に開通しました。旧道は上野山下から入谷口通りを経由、昭和通りと並行して東北に延び三ノ輪で昭和通りと合流します。この道を俗に「金杉通り」と呼びますが、昔はこの街道を奥州街道裏道と呼びました。金杉の地名は、鎌倉時代に金曽木彦三郎という人物の姓から、初めは金曽木、それが金杉に変わったものとされています。

詳しく見る

旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂
上野・御徒町
建築物

旧東京音楽学校奏楽堂は、東京芸術大学にあった音楽ホールを昭和62年(1987)に移築・復元したものです。明治23年(1890)に創建された日本最古の洋式音楽ホールで、国の重要文化財に指定されています。2階にある音楽ホールは、かつて滝廉太郎、山田耕作、三浦環が公演した由緒ある舞台です。

詳しく見る

西郷隆盛銅像

西郷隆盛銅像
上野・御徒町
史跡・墓碑

西郷隆盛銅像は、上野恩賜公園内にあり、隆盛の旧友らにより明治26年(1625)起工、明治31年(1898)に建立されました。作者は彫刻家高村光雲(詩人高村光太郎の父)です。高さ約3.7m、胸囲約2.6m、重さ約9tです。連れている犬は後藤貞行作で、犬の名前は「ツン」といいます。

詳しく見る

うえの華燈路浮世絵行燈

うえの華燈路浮世絵行燈
上野・御徒町

うえの華燈路浮世絵行燈は、上野に新しい賑わいを創り出し、観光客などの誘致をさらに高めようと、区観光課が企画して平成19年から始まりました。歌川広重の「名所江戸百景」を用いた浮世絵行燈や高さ1mを超える大型行燈などが上野公園内の大噴水広場から袴腰広場にかけて設置され、夜には行燈が灯されて江戸風情を楽しむことができます。

詳しく見る

菊供養会

菊供養会
浅草中央部
神社・仏閣

本堂で行われる菊供養会は、信者たちが菊の花を供えて加持祈祷を受けた菊と交換し賑わいます。この日授与される「菊のお守り」は延命長寿のご利益があるとされています。

詳しく見る

菊供養会・「金龍の舞」奉演

菊供養会・「金龍の舞」奉演
浅草中央部
自然・花 神社・仏閣

菊の花を酒に浮かべて飲めば延命が得られると言う中国の故事の法話をきっかけに明治30年(1897)より菊供養会が始められました。献菊や菊の交換会、奉演される「金龍の舞」を観る人々で賑わいます。この日に授与される「菊のお守り」は、延命長寿のご利益があるとされています。

詳しく見る

台東薪能

台東薪能
浅草中央部

薪能は、室町時代中期に奈良興福寺の神事「薪猿楽」から始まり、能楽の太祖観阿弥によって大成されました。明治維新時に能は崩壊しましたが、現今の能の先鞭をつけたのは、浅草蔵前の舞台での能演でした。その縁の地である浅草で、昭和55年より開催しており、毎年夏に、能、狂言、能の各演目が演能されます。

詳しく見る

圓朝まつり

圓朝まつり
谷中
神社・仏閣

圓朝忌という名前で、初代三遊亭円朝の命日の8月11日に全生庵にて法要をしめやかに行っていましたが、平成14年(2000)以降、若手理事が中心となり企画替えし、「圓朝まつり」と名前を変えたファン感謝祭的お祭です。法要、扇子供養のお焚き上げ、奉納落語会に加えて、境内では芸人が趣向をこらし飲食店などを出店します。

詳しく見る

21件~30件(全446件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング