本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:一覧
21件~30件(全647件)

菊供養会・「金龍の舞」奉演

菊供養会・「金龍の舞」奉演
浅草中央部
自然・花 神社・仏閣

菊の花を酒に浮かべて飲めば延命が得られると言う中国の故事の法話をきっかけに明治30年(1897)より菊供養会が始められました。献菊や菊の交換会、奉演される「金龍の舞」を観る人々で賑わいます。この日に授与される「菊のお守り」は、延命長寿のご利益があるとされています。

詳しく見る

へちま供養

へちま供養
谷中
神社・仏閣

浄名院(じょうみょういん)で毎年15夜の日(旧暦8月15日)に行われる供養です。境内には、「八万四千体地蔵」といわれるたくさんの地蔵が並んでおり、このうちの「へちま地蔵」に加持祈祷すれば咳、喘息に効用があるといわれています。へちま供養の日は早朝より夕方までお札を求める全国からの参拝者で溢れ、賑わっています。

詳しく見る

火渡りの神事

火渡りの神事
根岸・入谷・金杉
神社・仏閣

火渡りの神事が開催される秋葉神社は、東京一円の火災鎮護の神社です。拝殿内では祭儀が行われ、その途中、四方に注連縄を巡らせ、木炭を敷き並べて清められた火渡り式場に点火され、拝殿内の祭儀が終ると祭員は火難守護のお札を受けて、裸足で赤々と燃える炭火の上を無病息災と防火を祈りながら渡ります。

詳しく見る

酉の市

酉の市
根岸・入谷・金杉 浅草北部
神社・仏閣

鷲神社の酉の市は、「おとりさま」の愛称で知られる鷲神社で、毎年11月の酉の日に境内で熊手を売る店が立ち並ぶ市です。ここで売られる熊手御守は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。この酉の市は、樋口一葉の代表作「たけくらべ」の中にも登場します。

「今年の酉の市 注意事項」をご確認ください。
http://otorisama.or.jp/covid-19.html

2021年開催は9日、21日

詳しく見る

台東薪能

台東薪能
浅草中央部

開催日程:令和4年9月6日  17時から開演
開催場所:金龍山浅草寺境内(雨天時浅草公会堂)

薪能は、室町時代中期に奈良興福寺の神事「薪猿楽」から始まり、能楽の太祖観阿弥によって大成されました。明治維新時に能は大きな打撃を受けましたが、現今の能の先鞭をつけたのは、浅草蔵前の舞台での能演でした。その縁の地である浅草で、昭和55年より開催しており、毎年夏に、能、狂言、能の各演目が演能されます。

詳しく見る

圓朝まつり

圓朝まつり
谷中
神社・仏閣

【令和3年度は中止となりました】

圓朝忌という名前で、初代三遊亭円朝の命日の8月11日に全生庵にて法要をしめやかに行っていましたが、平成14年(2000)以降、若手理事が中心となり企画替えし、「圓朝まつり」と名前を変えたファン感謝祭的お祭です。法要、扇子供養のお焚き上げ、奉納落語会に加えて、境内では芸人が趣向をこらし飲食店などを出店します。

詳しく見る

隅田川とうろう流し

隅田川とうろう流し
浅草中央部

【令和4年度は中止となりました】

隅田川とうろう流しは、昭和21年(1946)の復興祭のとき、縁者が隅田川に燈籠を流したことに始まり、近年は、水辺空間での観光、景観や回遊性などの特徴をいかし、憩いと賑わいの場づくりを率先して創造し、隅田川との魅力あるふれあいを高める行事として、それぞれの思いを込めた灯籠が流されます。

詳しく見る

21件~30件(全647件)
観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング