本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
1件~10件(全441件)

江戸下町伝統工芸館

江戸下町伝統工芸館
浅草中央部
博物館・美術館

江戸下町伝統工芸館には、江戸庶民の町、江戸文化発祥の町であり商業の中心として栄えてきた台東区で、生まれ受け継がれてきた伝統工芸に関心を深め、その素晴らしさを実感できる工芸品が展示(400点)されています。職人さんによる製作実演(土曜日、日曜日)や展示品オークションが年2回開催されています。

詳しく見る

2k540 AKI-OKA ARTISAN

2k540 AKI-OKA ARTISAN
上野・御徒町

秋葉原駅から御徒町駅間の高架下にあるギャラリー、工房、カフェ、ショップなど「ものづくり」をテーマとした店舗が集まった施設です。
鉄道用語では東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示します。この場所は東京駅から2k540m付近にあるため名称を「2k540」とし、親しみやすいように、「ニーケーゴーヨンマル」と読みます。

詳しく見る

駅伝発祥の地

駅伝発祥の地
上野・御徒町
史跡・墓碑

1917(大正6)年に日本で最初の駅伝「東海道五十三次駅伝徒歩競争」京都~東京間の508㎞23区間で開催されました。スタートは京都の三条大橋で、ゴールは上野の不忍池で開かれていた博覧会場の正面玄関でした。

詳しく見る

藏前神社

藏前神社
浅草南部
神社・仏閣

勧進相撲発祥の地のひとつ。
蔵前神社の御神輿は昭和の名工・志布景彩の作。その華麗さから、御神輿として初めて意匠登録されました。

詳しく見る

藏前神社例大祭

藏前神社例大祭
浅草南部
神社・仏閣

華麗な御本社神輿の渡御は2年に1度行われます。
数十年途絶えていた御本社神輿渡御を、平成になってから地元の方々が復活させました。氏子地域こそ大きくないものの、地域に愛されているお祭りです。

詳しく見る

矢先稲荷神社例大祭

矢先稲荷神社例大祭
浅草南部
神社・仏閣

松葉町(現:松が谷の一部)を氏子とする矢先稲荷神社の例大祭。
本祭りは隔年開催ですが、御本社神輿は毎年担がれ、宮入道中では大勢の鳶頭による木遣が披露されます。

詳しく見る

お富士さんの植木市

お富士さんの植木市
浅草北部
自然・花 神社・仏閣

富士山の山開きに由来して、浅間神社の祭日にあわせて開かれる植木市を「お富士さんの植木市」といいます。浅草4、5丁目一帯の道路上に近県植木商の軒露天や植木がたちならび、近年のガーデニングブームもあいまって賑わっています。

詳しく見る

茅の輪くぐり

茅の輪くぐり
浅草南部
神社・仏閣 下町の生活

鳥越神社の茅の輪くぐりは、鳥越神社で行われる催しで、平安朝時代から伝わる日本の伝統行事です。人形の形の半紙に名前と歳を書いて、知らず知らずについた罪汚れをその形代に託し、神社へ納めます。その後、神社の参道のガマの穂でできた境内にかかる茅の輪をくぐると、災厄からのがれることができ、福徳があるといわれています。

詳しく見る

宝の舞

宝の舞
浅草中央部

宝の舞は、宝船を多勢の幼稚園児が漁師の衣装に身をつつみ引きます。この宝船は、福徳をあらわす七福神を乗せた船として古来人気がありました。浅草寺ご本尊の観音様は、浜成、竹成という兄弟の漁師によって示現されました。その故事にちなみ、この観音様の福徳をたたえるとともに、子供の健やかな成長を祈って行われます。

詳しく見る

泣き相撲

泣き相撲
浅草中央部
神社・仏閣

泣き相撲は、昭和61年(1986)に始まり、浅草寺本堂裏にある九代目市川團十郎の歌舞伎十八番「暫」像の復元五周年を記念し、鎌倉源五郎のように力強く健康に育って欲しいという親の願いを込めて、まわし姿の組ませ役に抱かれた赤ちゃんが土俵の上で泣き声を競います。

詳しく見る

1件~10件(全441件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング