本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
1件~10件(全110件)

浅草サンバカーニバル

浅草サンバカーニバル
浅草中央部

浅草サンバカーニバルは、「常に浅草に新しい文化を」の“浅草っ子気質”から、晩夏を楽しむ下町のイベントとして昭和56年から始まりました。馬道通りから雷門にかけて50余万人もの観客を前に、いくつものチームがサンバリズムにのって躍動感などを競い合うコンテストとなっています。

詳しく見る

江戸たいとう伝統工芸館

江戸たいとう伝統工芸館
浅草中央部
博物館・美術館

江戸たいとう伝統工芸館には、江戸庶民の町、江戸文化発祥の町であり商業の中心として栄えてきた台東区で、生まれ受け継がれてきた伝統工芸に関心を深め、その素晴らしさを実感できる工芸品が展示(400点)されています。職人さんによる製作実演(土曜日、日曜日)や展示品オークションが開催されています。

詳しく見る

三社祭

三社祭
浅草中央部 浅草南部 浅草北部
神社・仏閣

【令和2年度は10月に延期予定です】

毎年5月に威勢のいいかけ声と共に神輿が担がれて初夏を告げる三社祭は、鎌倉時代(1312)に三社の神話に基づき行われた「船祭」が起源と伝えられます。
金曜日の大行列から始まり、土曜日の各町神輿連合渡御と続きます。最終日の御本社神輿三基の「宮出し」の迫力は圧巻。宮出しの後、東部・西部・南部方面の氏子各町へ向けて、御本社神輿が担ぎ出されます。

平成24年(2012)斎行700年を迎え、復縁日である3月には「船渡御」が浅草全域と隅田川で再現・斎行されました。

詳しく見る

福聚の舞

福聚の舞
浅草中央部

【令和2年度「宝の舞」は中止となりました】

昭和39年(1964)の宝蔵門落慶を記念して創始された舞が「福聚の舞」です。福聚とは「観音経」にある「福聚海無量:観音さまが備えている海のごとき福徳の聚り」から名付けられたもので、節分会で奉演される「七福神の舞」と5月5日の端午の節句に奉演される「宝の舞」とがあります。

詳しく見る

泣き相撲

泣き相撲
浅草中央部
神社・仏閣

【令和2年度春季の開催は延期となりました】

泣き相撲は、昭和61年(1986)に始まり、浅草寺本堂裏にある九代目市川團十郎の歌舞伎十八番「暫」像の復元五周年を記念し、鎌倉源五郎のように力強く健康に育って欲しいという親の願いを込めて、まわし姿の組ませ役に抱かれた赤ちゃんが土俵の上で泣き声を競います。

詳しく見る

浅草流鏑馬

浅草流鏑馬
浅草中央部

【令和2年度の開催は中止となりました】

浅草流鏑馬は、江戸時代に正月行事として浅草神社で行われていましたが、近年は、行列と隅田公園特設馬場で行われます。馬に乗って弓で的を射る姿は勇壮で、当時の錦絵を見るようです。また、射術の練習として草を束ねた鹿形を的にした草鹿も行われます。

詳しく見る

早慶レガッタ

早慶レガッタ
浅草中央部 浅草南部 浅草北部

【令和2年度の開催は中止となりました】

早慶レガッタは明治38年(1905)に、隅田川向島で第1回大会が開催されて以来、2005年で74回、100年目を迎えました。「レガッタ」とは、イタリア語のレガータ(覇を競う争い)に由来し、「ボートレース」のことを意味します。日本の早稲田大vs慶應大の対校戦は、「世界3大レガッタ」の一つといわれています。

詳しく見る

白鷺の舞

白鷺の舞
浅草中央部

【令和2年度春季の開催は中止となりました】

昭和43年(1968)の「東京百年祭」を記念して創始奉納されたのが「白鷺の舞」です。京都八坂神社の祇園祭の「鷺舞」を参考にして、「浅草寺縁起」の遷座式に登場する「白鷺の舞」を再興したものです。「白鷺」「武者」「棒ふり」「大傘」「楽人」や浅草寺幼稚園園児による「守護童子」などにより構成される美しい舞です。

詳しく見る

花まつり

花まつり
浅草中央部

【令和2年度は法要のみ執り行います】

4月8日はお釈迦さまのご生誕を祝う「仏生会」の日です。現在では「花まつり」の名で親しまれている春の行事です。毎年、浅草寺では本堂に「仏誕図」を掛けて法要が行われ、本堂前の参道では浅草寺幼稚園園児らの行列が白象をひいて誕生仏に参拝し、甘茶の無料接待などが行われて賑やかにお釈迦さまの誕生を祝う一日となります。

詳しく見る

投扇興のつどい

投扇興のつどい
浅草中央部

【令和2年度の開催は中止となりました】

投扇興とは、台の上に蝶と呼ばれる銀杏形の的を立て、そこに開いた扇を投げて落ちた的と扇の形を採点し、優劣を競う江戸時代に始まった遊びです。投扇興のつどいは、春の観光祭の名物行事となっており、投扇興の原型といわれる「投壺」や個人戦・団体戦で争われる競技会を見学できるほか、浅草寺伝法院での野点を楽しむこともできます。

詳しく見る

1件~10件(全110件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング