本文へスキップします。

  • 標準
  • 拡大
スポット検索 検索
【全】Google 翻訳
H1

スポット検索

スポット検索リンク

おでかけや観光におすすめの魅力的なスポットをご紹介します。

観光DB:検索
エリア
ジャンル
季節
キーワード
観光DB:一覧
1件~10件(全46件)

酉の市

酉の市
根岸・入谷・金杉 浅草北部
神社・仏閣

鷲神社の酉の市は、「おとりさま」の愛称で知られる鷲神社で、毎年11月の酉の日に境内で熊手を売る店が立ち並ぶ市です。ここで売られる熊手御守は一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ、福運や財をかき込むという縁起から開運、殖産、商売繁昌のお守りとされます。この酉の市は、樋口一葉の代表作「たけくらべ」の中にも登場します。
2018年開催は11月1日・13日・25日

詳しく見る

お山開き

お山開き
根岸・入谷・金杉
神社・仏閣 下町の生活

足利学校の創設者で平安初期の学者、詩人として有名な小野篁を祀った小野照崎神社(おのてるさきじんじゃ)には富士塚をかたちどった築山(国の重要有形文化財指定)があります。富士山の山開きの6月30日・7月1日に、小野照崎神社では富士講信者の参拝の対象として富士塚に白丁姿の行者や檀家の方が登りつめます。

詳しく見る

下町七夕まつり

下町七夕まつり
根岸・入谷・金杉

毎年7月7日に近い週末を中心に、かっぱ橋本通り沿い(上野駅入谷口~つくばエキスプレス浅草駅までの東西1.2km)で開催される祭りです。沿道には七夕飾りが並び、要所の大竹に大飾りも飾られます。週末にはパレードやショーが催されるほか、工夫をこらした露店が開かれ、浅草下町の心意気が感じられます。

詳しく見る

入谷朝顔まつり

入谷朝顔まつり
根岸・入谷・金杉
自然・花 神社・仏閣 下町の生活

鬼子母神(真源寺)の入谷の朝顔まつりは入谷鬼子母神とその前を通る言問通りで、毎年7月6日から8日までの3日間開催され、早朝から夜遅くまで多くの人で賑わう祭りです。入谷の朝顔が有名になったのは明治に入ってからのことで、十数軒の植木屋がそれぞれ数百坪もある広大な土地で朝顔を栽培したのが始まりです。

詳しく見る

小野照崎神社例大祭

小野照崎神社例大祭
根岸・入谷・金杉
神社・仏閣

小野照崎神社例大祭は、平安末期の歌人小野篁を祭神として、例祭は5月19日に近い土曜日・日曜日に行われます。通常、三年に一度、本社神輿が渡御が渡御されます。間の年は「陰」と呼ばれ氏子15ヶ町の町会神輿が神社まで連合渡御されますが、皇族の即位やご誕生などの際は「陰」年でも本社神輿が渡御される場合があります。

詳しく見る

浅草名所七福神 寿老人(鷲神社)

浅草名所七福神 寿老人(鷲神社)
根岸・入谷・金杉 浅草中央部
神社・仏閣

延命長寿、諸病平癒、人々の安全と健康を守る神様が祀られている鷲神社は江戸下町を代表する神社で、開運、商売繁昌、家運隆昌、子育て、出世の神徳が深いとされ、「おとりさま」と称されて古くから江戸下町の民衆に篤く尊信されてきました。鷲神社に祀られている寿老人像は白髪長頭で長寿の福徳を記した巻物をつけた杖を持つ姿です。

詳しく見る

曹源寺(かっぱ寺)

曹源寺(かっぱ寺)
根岸・入谷・金杉 浅草中央部
神社・仏閣

曹源寺(かっぱ寺)は、江戸時代には大雨のたびに掘割の溢れた水に苦しむ住民のために雨合羽商の喜八は私財を投じて水はけ工事を行い、これを河童が手伝って瞬く間に完成させたといわれています。この噂が広まり「かっぱ寺」とも呼ばれ、特に水に縁のある商売人から信仰されています。

詳しく見る

台東区立一葉記念館

台東区立一葉記念館
根岸・入谷・金杉
建築物 博物館・美術館

台東区立一葉記念館は、日本初の女性作家の記念館として昭和36年(1961)台東区が開館しました。一葉自筆の「たけくらべ」草稿、書簡、龍泉寺町に荒物駄菓子屋を開いていた時の仕入帳など重要な資料を展示し、一葉が住んでいた頃の龍泉寺町の家並み風景や旧宅の模型、使用した文机など下町の文化・風俗資料も収蔵されています。

詳しく見る

永久寺

永久寺
根岸・入谷・金杉
神社・仏閣

永久寺は江戸五色不動(えどごしきふどう)の一つ、目黄不動として知られています。開創は14世紀の南北朝騒乱の頃とされます。その後の歴史の流れの中でいくたびか戦乱などによって焼失し、 再建を繰り返してきました。 一歩山門を入りますと樹齢一千年を越える松の木が、 御仏と共に訪れる人を静かに迎えています。

詳しく見る

島田虎之助墓

島田虎之助墓
根岸・入谷・金杉 浅草南部
史跡・墓碑 神社・仏閣

島田虎之助、直心影流島田派の剣客。。幼少より中津藩剣術師範堀十郎左衛門の道場で学び、上達が早く16歳の頃には九州一円を武者修行し名声をあげました。浅草新堀で道場を開き、そこには勝麟太郎(のちの海舟)も通いました。虎之助は幕末の剣豪といわれましたが、嘉永5年(1852)に病没しました。お墓は正定寺(しょうじょうじ)にあります。

詳しく見る

1件~10件(全46件)
【参】観光DB:Weeklyランキング

Weeklyランキング

施設等のアクセスランキング

【参】観光DB:イベントのアクセスランキング

イベントのアクセスランキング